SAMHOUSINGのスマホ/タブレット用アームスタンドはお辞儀しない

iOSアプリ

iOSのアプリを開発しているんですが、iPhoneを机の上に置いていると色々不便なんですよね。

単純に角度が悪くて見づらいし、有線接続だから取り回しも悪いです。
あと、私はケースを着けないので、ただでさえイライラするデバグ中に落っことしたりしたらキレちゃいます。

でも「机の上に置く」タイプのスタンドだと、限られた作業スペースを無駄に占有してしまうし、高さがあるだけ倒したときのダメージもデカイですよね。

そういうわけでSAMHOUSING社のアーム式スタンドを買いました。

価格は2000円と手頃ですが、激安というわけではありません。

良いところ

サイズは結構大きいですが、壁際のデッドスペースを使っているだけなので、実質iPhoneが宙に浮いているようなものです。
(写真をiPhoneで撮っているので上の画像ではXperiaですが・・・)

ホールド感もガッチリしていて不安感はありません。
ケーブル用の穴が開いているので有線接続も可能です。

こんな感じで私の目的はさっと達成できてしまいましたが、細かい特徴も見ていきましょう。

お辞儀しない

アームスタンドに一番求められるのは「お辞儀」しないことですよね?

要するにスタンドがスマホの重みに耐えられないようではダメなわけです。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

という言葉もありますが、そういう謙虚さはスタンドには必要ありません。

いろんなアームスタンドのレビューを見ていると、
「軽いけどお辞儀する」
とか
「お辞儀しないけど位置を変えるのにもの凄く力が要る」
といった声もちらほら見かけます。

しかし、この製品はスマホ〜タブレットくらいなら自由自在にセッティングできるし、安定した操作ができます。
多少手荒に操作しても位置がズレてくるということはありません。
(まあ、あんまり派手にスワイプするとビヨンビヨンしますが・・・)

ただ、約1kgのAsus C101PAという2 in 1 Chromebookも試しに設置してみましたが、さすがにラップトップクラスだと危なっかしい感じはしました。

いくら安くてもスタンドが欠いてはいけないのが安定感です。
10万超えのiPad Proなんかを割ってしまっては元も子もないので、
お辞儀をしないスタンドを選びましょう。

スムーズに位置を変えられる

上でも触れましたが、いくら安定感があっても位置を変えるのに一苦労するようでは困りますよね。

このアームスタンドは角度や高さを変えるのもかなりスムーズに行えます。

力学的なことには完全に門外パーソン(gender neutral term)ですが、
アームを下げるほどにバネが伸びて抵抗が大きくなるようになっています(多分)。
それにより、そんなこんなで高い安定性と軽い操作感を実現しているのではないでしょうか?

気になったところ

スマホは「縦つかみ」のみ対応

スマホからタブレット、10インチのラップトップまで挟めるくらい対応幅が広いのは良いんですが、そのせいでスマホを横から掴むことができません。

これで困るのはカメラが使えないことですね。

私がいま開発しているのはカメラを使うアプリなので、その機能のテスト中は結局スタンドを使えずにいます・・・。

というわけで、イベントなんかで動画を撮るために使うことはできないので気をつけましょう。

バネが他の部品に干渉することがある

操作は実際スムーズなんですが、バネが変なふうに引っかかって「ビヨンビヨン」することがあります

私の場合、送られてきた製品はバネの付け方が少し曲がっていて、動かす度にキシキシいっていました

しかし、これはペンチで軽く修正したら治りましたし、構造上の問題とまでは言えないでしょう。
この価格帯なのでこれくらいは許容範囲だと思います。

まとめ

不満点が0というわけではないですが、ちゃんと「仕事をしてくれる」アームスタンドだと思います。

デスクトップで仕事に使うにも、ベッドサイドでダラダラするのに使うにも便利なアイテムです。

[amazonjs asin=”B07BPWPMZ4″ locale=”JP” title=”タブレット スタンド タブレットアーム スタンド & iPad スタンド & iPhone スタンド 360回転の スマホ スタンド/ホルダー 丈夫なアルミニウムアームを使い、Nintendo Switch、Kindle、iPad、iPad air、iPhoneX、iPhone 8/7、Samsung Galaxy S9/8,S9/8 plus多機種対応”]