「曲が作れない」人はいない!ダイアトニックコードなら誰でも作曲可能です

作曲

こんにちは、サビガラです。

ここ1週間くらい、毎日10時間以上は作曲しているんですが、いまだに曲ができておりません・・・。

作曲って本当に難しいです。イヤになります。「良い曲」を作るのはめちゃくちゃ難しい、ということを痛感しています。

でも、そんな僕でも「微妙な曲」ならいくらでも作れます。パソコンのハードディスクの中には、ボツ曲が大量に眠っています。どうでしょう、すごくないですか?

「微妙な曲」を作るのも1つの技術

「微妙な曲が作れても自慢にならないだろ!」という指摘はごもっともです。でも、よく考えてみると、そもそも「曲が作れる」というだけでも十分な特殊能力です。

TwitterとかYoutubeとかを見てると、皆さん天才すぎて感覚がマヒしてしまいますが、学校や会社の知り合いを見れば、「作曲できます!」なんて人はほとんどいないです。

そんな中で、「微妙な曲」を作れるだけでも、1つの技術と言っていいはずです。

じゃあ「微妙な曲」ってどんなレベル?という話ですが・・・

  1. メロディとコード進行に違和感がない
  2. フルコーラス(イントロ&アウトロあり)
  3. だけど、別に個性はないし、多くの人は「良い曲だな〜」と感じない

「良い曲」は、大前提として1と2をクリアしていて、その上で人を感動させるから「良い」わけです。

「微妙な曲」は、「間違ってない」という意味で、最低限のハードルはクリアできています。でも、「だから何?」という感じです・・・。

「良い曲」の前に「微妙な曲」を作れるようにしよう

「だから何?」みたいな曲を作っても、確かに意味はないです。しかし、「なんてことのない曲」すら作れない人に、人を感動させるような曲が作れるわけはありません

だから、まだ曲を全然作れないという人は、「良い」ではなく、まずは「間違ってない」を目指そう、ということです。

素人臭いし不協和音だけど、なんかすごい才能を感じる・・・

みたいな曲にもたまに出会いますが、そういうのは一部の天才にのみに許されたワザなので、ふつうの人はまず「間違えない」ことから始めましょう。

というわけで、この記事のテーマはこちらです。

メロディとコード進行を「間違えない」ためにどうすればいいのか

結論は先に書いてしまいます。以下のような方法で作曲すれば、「間違った」曲にはならないです。

  • ダイアトニックコードでコード進行を作る
  • ダイアトニックコードに適したスケールでメロディを作る

逆にいえば、これさえ守れば誰でも「正しい」曲が作れるわけです。「僕は曲が作れるぞ!」といいましたが、別に自慢ではなく、知識さえ持っていれば誰でも曲は作れる、ということです。

「作曲してみたけど、明らかに気持ち悪い音にしかならない・・・」

こういう人も、この記事を読めば「微妙だけど、不協和音ではない曲」が作れるはず!

そもそも「間違った」メロディ&コードとは?

「音楽に正しいとか間違いなんてものはない!!」

これはまあ確かにそうなんです。

現代音楽とかを聞くと、「これはちょっと無くね?」みたいな不協和音をガンガン使ってたりします。

ただ、それは作曲者があえてやっています。

この記事でいう「間違い」はこういうものだと思ってください。

「こういう曲にしたい!」というイメージはあるのに、技術・知識不足のせいで具体化できず、違和感のある響きになってしまっている

「間違った」曲の例として、この動画を挙げておきます。

「作曲初心者の中学生がマリオのBGMを耳コピした」という内容です。元ネタがあるので、明確な「間違い」があるのはもちろんですが、仮にアレンジだったとしても「間違って」ますよね・・・。

この記事で紹介する手法で、「こういう曲を作りたい!」が全て実現できるわけではありません。しかし、少なくとも「明らかに違和感がある」ような曲になってしまうのを避けることができます

ちなみに、上の画像の投稿者は黒魔さんという方で、現在はプロとして活動されています。
失礼な言い方ですが、「すごい人も最初はこんなレベルなんだ」という意味で勇気をもらえると思います。
上の動画の投稿者の最近の曲

コード進行はダイアトニックコードで作ろう

ダイアトニックコードとは?

ダイアトニックコード:
1つキー(=調)ごとに決まっているコードたち。このコードたちを使うと、音楽的に調和のとれた(不協和音っぽく聞こえない)曲が作れる。

ものすごくザックリ説明するとこんな感じです。

「ダイアトニックコード」とは、そのキー(=調)の主役になるコードのことです。といっても1つではなく、7つ全てがダイアトニックコードです。

実際にキーごとのダイアトニックコードをまとめて表にしました。

この表は横1行が1セットです。

  • 一番左のマスが「基本」になるコードで、キー(=調)の名前と同じ
  • 一番左が「C」、つまり「Cメジャー」だったら、キー(=調)も「Cメジャー」
  • 横1行に並ぶコードは、特定のキー(=調)に所属するダイアトニックコード

細かい用語の意味は、最初はよく分からないかもしれませんが、いまはそれで問題ないです。

理屈は置いておいて、とりあえずこう考えておきましょう。

この表のどこからでもいいから横1行取り出して使えば、「間違った」曲にはならない!

ただ、1つ注意点があります。それは、表の一番右の縦列のコードは、使い所が難しいということです。

m(♭5)はちょっと特殊なコードなので、慣れないうちは使わないほうが無難です。コード進行としても難しいし、不協和音っぽく聞こえてしまう可能性があります。

メロディは「ダイアトニックコードに適したスケール」で作ろう

そもそも「スケール」とは?

「ダイアトニックコードに適したスケール」の前に、そもそも「スケールって何?」という人もいると思います。

スケール:
「ドレミファソラシド」のような「複数の音が並んだもの」。
「最初の音」と「並び方」によって名前がつけられる。

実は「ドレミファソラシド」には「Cメジャースケール」という名前があります。

  • 最初の音=ド=C
  • 「全・全・半・全・全・全・半」=メジャースケール

ドレミファソラシドは「Cメジャースケール」

「全・全・半・全・全・全・半」は呪文のように見えますが、「全音・半音」の略です。ピアノの鍵盤を見てもわかるように、「ミとファ」「シとド」の間には、黒い鍵盤がありません。

「ダイアトニックコードに適したスケール」とは?

めちゃ機械的ですが、下の図のように覚えてしまえばいいです。

これらのスケールを使えば、ダイアトニックコードで作った曲に適したメロディを乗せることが可能です。

すべてメジャースケールなので、「音の並び方」は「ドレミファソラシド」と一緒です。「最初の音」だけ入れ替えて、「全・全・半・全・全・全・半」の間隔で音を並べれば、ググらなくても自分で作れます。

コードとメロディを組み合わせる

  • ダイアトニックコード
  • ダイアトニックコードに適したスケール

これまでに説明してきたこの2つを使えば、「間違った(=不協和音な)」曲を作ることはまず不可能です。

例えば、表の一番上だったら次のような組み合わせになります。

コード: C, Dm, Em, F, G, Am
スケール: Cメジャースケール

(Bm(♭5)は省いてあります。詳しくは、「ダイアトニックコードとは?」のところで説明してあります。)

これらのコードを組み合わせてコード進行を作り、Cメジャースケールでメロディーを付けたら、よっぽどのことが無い限り変な音(=不協和音)は生まれません

まとめ

このように、ダイアトニックコードさえ知っていれば、「微妙すぎるけど、一応曲らしきもの」が作れるはずです。

まあ、ちょっとテンションの上がらない目標ではありますが、ハードルは1つずつクリアしていくしかないですよね。

とりあえず「正しい」曲が作れるようになったら、それから「良い」曲を作る努力を始めればいいと思います。

「良い」曲の作り方がわかったら、ぜひ僕に教えてください_(._.)_