【USB Type C – B】ダサくて高いUSB CハブはMacBook Proに必要ない【変換ケーブル】

usb hub ガジェット

MacBook Proの弱点と言えば、拡張性の低さ。

USBポートが4つ(非Touch Barモデルは2つ)あるとはいえ、すべてがType-Cなので対応しづらいです。

そこでこんな拡張ハブもあるんですが、これってキメラっぽくてダサいんですよね・・・。

もちろんSDカードやEthernetが必須なら、正直これを使うしかないと思います。

でも、現状持っているUSB2 or 3のデバイスを1個か2個接続したいだけなら、上記のようなドッキング型はオーバーキルです。

そういう人にオススメしたいのが「USB Type C – B変換ケーブル」です。

USB Type C – B変換ケーブル

type c, type b

「Type B」でピンとこない人も、画像を見ればすぐにわかるでしょう。

プリンタとか外付けHDDとかの「機器側」に使われている端子です。

こういうケーブルがあること、意外とみなさん見落としがちじゃないでしょうか?

「ハブをかますのは不便・ダサい」というのなら、そもそもケーブルを変えればいいんですよ。

別に全然高くないし、普通に使えます。

オーディオインターフェイスの接続に便利

このサイトのメインコンテンツであるDTM用途でいえば、変換ケーブルはオーディオインターフェイスとの接続に便利です。

デバイスをたくさん接続しない人でもオーディオインターフェイスだけは確実に必要なはずです。

いままでハブを噛ませて使っていた人、変換ケーブルに替えるとかなりスッキリしますよ。

USB3.0に対応した変換ケーブルもあるので、3.0接続の機種を使っている人もOKです。

機器側がType Bじゃない場合

例えば、USBメモリなんかは当然このケーブルじゃ接続できません。

そういう時はしょうがないので簡易的なUSBハブをかましましょう。

これは実際に持ってるんですが、めちゃくちゃコスパが高いです。

2個セットで1000円以下(2018年12月現在)というのは破格です。

USB 3.1 Gen2対応?

しかも、どうやらUSB 3.1 Gen2に対応しているようです。

説明文には「USB 3.1 Gen1対応」って書いてありますが、そのくせUSB 3.1 Gen2相当の「10Gbit/s」の速度を謳っています。

試しにSamsungのSSDをこのUSBハブ経由で接続したところ、Mac側では「Up to 10 Gb/sec」で認識されました。

Gen2が必須という人は、いちおうメーカーに確認してください_(._.)_

隣り合わせで挿しても干渉しない

もう1つ嬉しいのは、このハブは2個を隣り合わせで挿せることです。

「当たり前だろ!」という方もいるかもしれませんが、もともとコンパクトなType Cが隣り合っているため、ハブによっては干渉して挿せないものもあるようです。

この製品はその点をちゃんとクリアしています。

まとめ

「デバイスをたくさん繋げたい」という人は、しょうがないので大きなハブを買うしかしょうがないと思います。

でも、ちょっとしたデバイスを2、3個接続するだけなら、もっとスマートな方法があるということでした。

特にUSB Type C to Bケーブルは「アダプタ」感が無いのでオススメです。